社会恐怖症とは、どのような恐怖症なのかをお話しします。 社会恐怖症は、一種の強迫神経症、つまり、強迫性障害だと言われていて、具体的には対人恐怖症やあがり症がそれにあたると言えるでしょう。 例えば、赤面症なども、そのひとつです。 人と接する時に、上手に接する事ができず、何を話していいかわからない、目を合わせる事ができなくて、人を目の前にすると目をそらしてしまうという状態になる人もいます。 異性や上司などの前や発表する場などで、顔が真っ赤になってしまって、気持ちが舞い上がるような状態になり、何も話せなくなってしまうという症状もあるでしょう。 人前に立った時に、過剰に意識してしまい、何事も上手くいかないという不安な気持ちになってしまう症状を抱えるのが、社会恐怖症の特徴です。 この社会恐怖症は、日本人に多いと言われていて、人との関わりを何よりも重視する国民性からきていると考えられています。 人間関係を壊したくないという強迫観念が働くと、ますます社会恐怖症の症状が強くなってしまうようですので、あまりネガティブに考えずに、常に楽天的に考える癖をつけることも大事でしょう。